メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

OPP封筒の主流

OPP封筒と聞いてもそれが何のことか分からなく、その言葉をはじめて聞くという人の方が多いことだと思います。

このようにOPP封筒と言ってしまえばそうなってしまいますが、OPP封筒とは他の言い方をすればフィルム封筒やビニール封筒や透明封筒のことで、こう聞けばほとんど人にそれが何かを理解してもらえると思います。

OPPという呼び方は業界用語であり、それを製造しているメーカーや卸売店や販売店の間ではOPP封筒=ビニール封筒、フィルム封筒、透明封筒となっています。

OPPとは、Oriented Polypropyleneを略した言葉で、日本語では延伸ポリプロピレンと呼ばれています。

これはポリプロピレン材を伸ばして加工したフィルムであり、とても丈夫で張りがあり、透明度の高いプラスティックフィルムとなっています。

縦と横の2方向に延伸された2軸延伸ポリプロピレンが、OPP封筒の主流となっています。


OPP封筒の一番の特徴は透明であるというところで、今までは紙の封筒しか使ったことがないという人にはあまり馴染がないかもしれませんが、ほとんどの人は自分が意識していない間に透明封筒を受け取っていることも多いと思います。

例えば街を歩いている時にカタログやパンフレットを渡されたり、イベントや展示会に行った時にもそのような機会は多いと思いますが、カタログやパンフレットが表から見えている袋に入れられている場合、その袋がOPP封筒となります。

また最近ではDM用の封筒にOPP封筒が利用される機会が多くなっていて、通販カタログにもOPP封筒が利用されているため、自宅にそのような物が届いた場合は、知らず知らずにOPP封筒を開封してそれをゴミに捨てていることだと思います。


このように、今やOPP封筒は私たちの周りに普通に存在して多用されているもので、この先も紙封筒に代わりOPP封筒はどんどん利用されていくことが予想されています。

OPP封筒は軽い紙封筒よりもさらに重さがないため、郵便物を送る時には郵送コストを軽減させることもできるようになっていて、さらにOPP封筒は燃やしても有害物質がでない環境に非常に優しい素材でできていることから、エコにも非常に良いものとして多くの企業が利用しています。


掲載記事の参照元:OPP袋・OPP封筒を激安販売 株式会社ジブリック


OPP封筒の使い方

OPP封筒は透明の封筒で、最近ではCDやDVDのジャケットに使用されているのが目立っていますが、OPP封筒はその他にもいろいろな商品を入れて販売される便利な封筒として使用されていて、衣類や小物やアクセサリーの包装用の袋や、パンフレットやカタログやダイレクトメールを送る時に使われる封筒としても幅広く利用されています。


OPP封筒には大きさや種類がたくさんあって、ホームセンターや文房具店や百貨店やショッピングセンターなどいろいろな場所で手に入れることができるようになっています。続きを読む…


便利なA4の透明封筒

A4のOPP袋やOPP封筒を利用する機会は学生でも社会人でも多いと思います。

学校や仕事で利用する用紙のほとんどはA4サイズとなっていて、文房具店やホームセンターや100円ショップで販売されているバインダーやファイルなども、大抵はA4サイズ用となっています。

A4以外にはB5とA3が多いのですが、A4サイズはダントツで利用される機械が多くなっています。


A4封筒と言えばこれまでは紙製のものばかりでしたが、最近ではそれに代わりOPP封筒と呼ばれるものが多用されるようになっていて、OPP封筒と聞けばそれが何か分からない人の方が多いと思いますが、OPP封筒とは透明の封筒のことで、ビニール封筒や、フィル封筒などと呼ばれる中身が透けて見える封筒のことです。続きを読む…


それぞれの特徴を考えて

最近では紙製の封筒に代わり透明のOPP封筒を利用する人が多くなっていますが、OPP封筒にはテープ付のものも販売されていて、テープ付のものを選べばOPP封筒に入れた郵便物や荷物を送る時に封をする作業を簡単にしてくれます。

カタログやパンフレットやダイレクトメールなどを送る時には非常に便利となっています。続きを読む…


紙封筒からOPP封筒への流れ

DMを送ることは企業にとっては売り上げを伸ばす大切なことですが、最近ではDM用の封筒としてOPP封筒が活躍するようになりました。

以前はDMに関わらず郵便物を送る際には大抵紙製の封筒は使用されていましたが、紙製の封筒の場合はどうしてもそれを送ったお客さんに中身が何かをすぐに確認してもらえないため、企業のDMだと分かった瞬間にゴミ箱行きとなってしまうことも多かったようです。続きを読む…


郵便局を利用する時に便利なサービス

郵便局を利用する時に便利なサービスとして料金別納というものがあります。

料金別納とは郵便物や荷物を郵便局から送ってもらう際に、切手を貼らなくてもいいサービスのことで、料金別納は一度に10通以上の郵便物や荷物を出す時に利用できるようになっています。


10通くらいであれば切手を貼る作業もそれほど大変ではありませんが、一度に100通や1000通などの郵便物を送ることは大企業であれば珍しくはないことだと思います。続きを読む…


料金後納サービスの利用

料金後納とは、郵便料金の支払い方法のことで、1ヶ月の間に出した郵便物や荷物を翌月まとめて支払うことができるサービスのことです。

料金を後払いすることができることが料金後納の最大のメリットで、郵便物や荷物が多いような企業の場合は、いちいちそれらを出す度に料金を支払わなくてもよくなるため、作業効率をアップさせることができます。

郵便を出す度に会社からお金を持ち出す手間もなくなるため、郵便を気軽に出すことが可能になります。続きを読む…